Vol.07【愛知】ファム・ヴァン・フアン君

学生情報

  • 名前      :ファム・ヴァン・フアン
  • 生年月日   :1993年10月21日
  • 2011年9月   :ハノイ土木大学 建設工事技術学部 水理・水力発電建設学科入学
  • 2016年3月   :ハノイ土木大学 建設工事技術学部 水理・水力発電建設学科卒業
  • 2016年4月   :JPCAREERプロジェクトに参加
  • 2016年10月  :【愛知】推進・管更生工事会社に内定
  • 2017年3月~  :【愛知】推進・管更生工事会社に入社
ファム・ヴァン・フアン君
日本に行きたいと思ったきっかけ

1.日本に行きたいと思ったきっかけ

 学生時代に建設土木技術を勉強し、日本の高い技術がいい印象を与えました。 インターネットで日本のことを調べて、日本人の仕事ぶりをはじめ、礼儀正しさやお客様に対する思いやりなど、様々なことが好きになりました。 卒業後、実際に日本のことをこの目で見てみたいと強く感じ、絶対日本に就職したいと思い、JPCAREERに参加することにしました。


2.日本語の勉強について

 最初日本語を勉強するのは難しかったですが、漢字に興味を持ったことで語彙が覚えやすくなり、日本語の上達につながりました。 日本に来てからは、仕事や生活で日本語を使わなければならないため、会話が上手になってきました。 最近では、車の運転時に目にする標識を覚えたり、漫画を読むことで面白い単語をと文法を知るようになりました。

日本に行ってからの日本語について
日本での生活について

3.日本での生活について

日本に来た頃はちょうど桜の季節でした。桜が満開の公園を観光した時に、『こんな素晴らしい景色もあるんだ』と思いました。 それから、あっと言う間に七ヶ月が経ちました。今は紅葉の季節を楽しく過ごしています。 日本の食べ物で一番好きなのはお寿司なので、時々仲間と回転寿司店で様々なお寿司を味わっています。 今は会社の車を運転していますが、日本では車が安いので、将来自分の車が欲しいと思っています。その自分の車で友達と旅行するのがとても楽しみです。

4.今後について

 日本の技術を学び、それらを使って積極的に働けるエンジニアになりたいと思っています。 いつか現場の担当者になる夢を叶えるために、経験を積み重ねて、土木に関する知識を深めて、二級土木施工管理の資格を取れるように努力しています。 またこれからも日本語を勉強し続けて、日本語能力試験N1に合格したいと思っています。

今後について